車の下取りの際の注意点

車の下取り査定はどういった注意点があるのでしょうか?
スポンサードリンク

車の下取り査定はどういう注意点で行われるのか?

下取り査定の際に車の外装に関して注意する点は、傷や破損している箇所がないかどうかです。実のところキレイに洗車してあるかどうかはあまり関係ありません。なぜなら、必ず、クリーニング業者に出すからです。なので、営業マンがきれいに洗車してあるから、査定額をアップするような事を言った場合は、ただの方便で、もともとの価格が安かった可能性があります。また、外装のヘコミや傷について直した方が査定額が上がるのかという点ですが、上がる査定額よりも修理費の方がかかる事が一般的だそうですので、直さずに査定に出しましょう。

内装に関しても同様の事が言えます。破損している場合は、もちろん減額対象になります。ですが、多少の汚れはこちらもクリーニング業者にキレイにしてもらうので、ほとんど関係ありません。ただ、たばこの焦げ穴などは破損の部類に入りますので注意してください。また、内装に関しては、もう一つ注意点があります。それは臭いです。実は臭いが付いていると、減額対象です。芳香剤の臭いもダメです。なぜなら、芳香剤の臭いも取れにくく、次に購入する人の好みに合わなかった場合に売りにくくなる可能性があるからです。もちろんタバコの臭いなんて論外です。乗り潰すつもりでなければ、車内での喫煙はやめましょう。

次にエンジンルームですが、もちろん、どの部位も正常に動いていて、消耗品以外は新車購入時のままの方がが良いです。ここは、きちっとメンテナンスがされているかがポイントです。エンジンのアイドリング時の回転数が一定してないのはマズイです。エンジンオイルやエレメントの交換はメーカーなどで推奨しているペースできちんとやるようにしましょう。その他、オートマオイル等も定期的に交換するようにしましょう。



スポンサードリンク