車の下取りに準備する必要書類

車の下取りのために必要な書類は?
スポンサードリンク

こんな書類が必要です

・自動車検査証

 通称「車検証」と、言われるものですね。車の所有者と使用者及び検査の満了日が記載されているものですね。原本が必要です。

・自賠責保険証明書

 日本政府に定められた強制加入保険の証書です。これも原本が必要です。

・自動車納税証明書

 毎年、軽自動車は4月、普通車は5月に送付されてくる自動車税納付書の払込済みの領収書です。

・印鑑証明書

 住民票の登録されている市役所や町役場などに登録してある、印鑑つまり実印の証明書です。発行後三か月以内のものが必要です。市役所や町役場に行けば発行して貰えます。但し、役場で発行している印鑑登録証などが必要です。もし、印鑑登録をしていないのであれば、登録する印鑑を持参して登録をしてもらい、印鑑証明書を発行して貰いましょう。

・譲渡証明書

 下取りに出す車の譲渡証明書です。通常、フォーマットは、ディーラーさんが準備してくれます。印鑑登録をしてある印鑑、つまり実印を押しますので、取扱には十分注意して下さい。

・委任状

 所有者移転などの手続きの委任状です。これもフォーマットはディーラーさんが準備してくれるはずです。

・その他必要書類

 車検証と印鑑証明書の住所が違う場合は住民票、婚姻などにより名字が変わっている場合は戸籍謄本が必要になる場合もあります。

 車の下取りに必要な書類は以上になります。もし紛失などしてしまっている場合は、ディーラーさんに相談しましょう。基本的にすべて再発行してもらえます。再発行費用がかかる場合もありますが。



スポンサードリンク