車の下取りの仕訳処理の仕方

車の下取りの仕訳ってどうやって処理するの?
スポンサードリンク

仕訳処理の仕方

車の下取りの会計上の仕訳処理の仕方って以外にご存じない方いませんか?

実は初歩の簿記会計の知識では、躓いてしまうこの車の下取りの仕訳処理の仕方。実は私も最近知りました。

簿記会計の知識が少しはあるのを前提でここからは説明しますご了承ください。

簡単に書きますね。下取り額をそのまま頭金にしたとして、残りをローンにした場合です。

借方に車両運搬具(購入した車の総額)・租税公課・損害保険料・預託金(リサイクル料)事業主貸・割賦手数料、貸方には車両運搬具(下取りに出した車の減価償却を引いた金額)未払金となります。

ちなみに事業主貸の金額は車両の残存価格から下取り金額を差し引いた差額です。車両売却損で処理する場合は、完全に事業用である場合のみです。自家用としても使用している場合は事業主貸として仕訳をする必要があります。

そして、その後の毎月の処理は借方は未払金、貸方には現金または預金などになります。

また、事業主貸または事業主借とは、事業用以外の用途で使った、または得たお金を計上します。通常これを計上しないと預金残高などが合わなくなってくると思います。

また、自動車取得税、法定費用(検査登録・車庫証明・下取車)、割賦手数料は、取得価額に含めるか含めないか選択することができます。含めないで支出時の費用とした方が、当期純利益を少なくする事ができます。そして、自動車重量税、自動車税、自賠責保険料は保有のためにかかる費用であるため、支出時の費用として計上します。


スポンサードリンク