リサイクルと車の下取り

リサイクルと車の下取りについて
スポンサードリンク

車のリサイクル

車にもリサイクル法があるのをご存知でしょうか?

今まで、廃車になる車はもちろんリサイクルできる部分はリサイクルされていましたが、リサイクルできない部品やフロンガスなどを専門業者に料金を支払って適正に処理してもらうためにできたのがこの法律です。

もちろん、リサイクル料を支払うのは車のユーザーであるあなたです。いつ支払うのかというと、車の購入時、車検時、廃車時のいずれかで支払ます。支払いは一台に付き、一回のみです。で、このリサイクル料は、車を売却及び、下取りに出した場合は払い戻しされます。通常リサイクル料を支払うとリサイクル券というものが発行されますので、それを買い取ってもらうということになります。ですから、下取り査定や買取査定の際には、すでにリサイクル券の買取金額が含まれている場合もありますので、注意して下さい。

リサイクル料金はもちろん車種によっても違いますが、一台数千円から2万円くらいです。

で、この法律を逆手に取ったビジネスができてしまっています。

解体業者が増えているのです。今まで、解体業者が料金を支払って処分していたモノがリサイクル料金が支払われている車であれば、無料で、引き取ってもらったり、また、逆に料金をもらえたりするようになったからです。鉄の相場がよければ、鉄は売却すれば良いし、費用をかけて、処分していた部品がなくなれば、利益が上がるとみたんですね。そしてこれに便乗したのがディーラー。廃車同然の車をオークションに出品し、売却すれば、リサイクル料金が払い戻しされるので、その分、下取り査定額に転嫁できるからです。そして、廃車同然の車を解体業者が安く買い取って、鉄などを売って利益を得る。という具合です。懸念されるのが、鉄相場が下がった時に不法投棄が増える可能性があります。処理が赤字になってしまうからですね。



スポンサードリンク