車の下取りを含めた見積もりの方法

下取り車を含めた見積もりの取り方
スポンサードリンク

下取り車を含めた見積もりをしてもらう

車を購入する際に見積もりを出してもらいますよね。その際に必ず聞かれるのが、下取り車があるかどうかです。もちろん、下取り車があるかどうかで、見積もり額が変わってきます。

では、どういう風に見積もり額が変わるのかというと、実は支払額が減る場合もあれば、増える場合もあるのです。下取り車を見積もりに含めれば、支払額が減りそうな気がしますが、場合によっては増える事もあるのです。

なぜなら、下取り車の査定額にはゼロが存在するからです。査定額がゼロでも、下取り手数料などがかかる場合があるので、結果的に支払額が増えてしまう場合があるのです。

では、どういう場合に査定額がゼロになってしまうかというと、年式が古すぎる車(人気のあるクラシックカーなどは別)、走行距離が長すぎる(一般的には10万キロ以上で一気に価値がなくなるらしい)、超不人気車である。などが主な理由です。ただ、年式、走行距離が該当しても人気車種であれば、査定額がつくこともあります。

ですので、見積もり上の支払額が増えるか減るかは、素人では下取りに出してみなければわからないので、見積もりを出してもらう場合は、下取り車ありとなしの両方で見積もりを出して貰いましょう。

また、より好条件で下取りしてもらい、車を購入するためには、数社に問い合わせて、合い見積もりを取りましょう。それに合わせて、下取り車を買取専門店でも査定してもらいましょう。すべてを比べる事によって、より好条件を引きだす事ができます。また、他社にも見積もりをお願いしてある事は、見積もりを貰う前に伝えておきましょう。


スポンサードリンク