ディーラーさんとの車の下取り交渉術

ディーラーさんとの車の下取り交渉は最後にしましょう。
スポンサードリンク

ディーラーに行く前に。

ディーラーさんに下取りしてもらうつもりでも、いきなりディーラーさんで下取り査定してもらうのは待ってください。実をいうとディーラーさんは、販売する車の値引き額と下取りする車の価格を調整する事があるので、高額で下取りしてもらったつもりで、実は値引きはあんまりされていなかったなんて事もよくある話です。

こういう事を防ぐ手段はまず、買取専門店数社に頼んで査定してもらいましょう。無料で査定してくれるので、気軽に申し込んでください。この時に、他社でも査定してもらっている事や他社の査定額を教えてあげましょう。こうすれば、実際の相場程度の価格を引き出す事ができます。その査定額が自分の愛車の相場です。

次にディーラーへ新車購入の商談に行きましょう。最初は下取りなしで見積もりを出して貰い、交渉をスタートしましょう。

この時に、他社メーカーのライバル車と迷っている事を伝えましょう。例えば、ホンダのフィットとトヨタのヴィッツなどです。リアリティーを出すために、他社ディーラーにも見積もりくらいは貰いに行った方がいいですね。そして、値引き+オプションサービスで交渉しましょう。そして、もう限界かなっと思ったら、そこから下取りの交渉に入ります。こうする事によって下取り価格と新車の値引きが曖昧になる事が防げます。そして、ここでも、買取店で査定してもらった価格をベースに交渉しましょう。もしディーラーさんが安くても、査定してもらった買取店に売ればいいだけです。これで、値引きと下取り価格の限界を目指す事ができます。

スポンサードリンク